大阪が誇る伝統芸能 人形浄瑠璃「文楽」を受け継ぐ一座「文楽座」を支えるNPO団体

ホーム > 公演・イベント情報 > 【主催事業】 文楽座学&2月東京公演第三部観劇

【主催事業】 文楽座学&2月東京公演第三部観劇

公演日

平成29年2月8日(水)

公演時間

講座:15時30分~16時30分
観劇:17時開演(19時55分終演予定)

公演場所

講座:伝統芸能情報館3階レクチャー室
観劇:国立劇場小劇場

料金

7,000円(講座受講料、観劇チケット一等席代含む)
※講座のみの場合は 1,500円

 

 

 

NPO文楽座がお届けする学びの企画、文楽座学。 いつものお芝居をいつもとは違う視点でとらえてみることを提案させていただいております。

 

来年2月東京公演は、例年通りの三部制。久しぶりの近松名作集ということでど演目も期待が高まります。NPO文楽座では二つの座学を企画しております。一つ目は第三部で上演される『冥途の飛脚』について、文楽座学ではレギュラーともいえる、早稲田大学文学部の児玉竜一先生に聴きどころ、見どころをたっぷりとお話しいただきます。観劇とセットでのお申し込みは賛助会員様を優先してお受けしますが、非会員の方にもお申込みいただけます。お誘い合わせの上、ご参加ください。

 

お申込みは、お名前・ご住所・電話番号・「2017/2/8 文楽座学と観劇  参加希望」とお書き添えのうえ、FAX及び郵便、またはE-mail(office@bunrakuza.com)にて事務局までお送りください。

観劇と座学セットでのお申し込みは2016年12月26日(月)まで、座学のみのお申込みは前日まで(定員に達するまで)受付いたしますので、ぜひお問い合わせください。

【主催事業】 文楽座学&2月東京公演第三部観劇のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面 岐阜