大阪が誇る伝統芸能 人形浄瑠璃「文楽」を受け継ぐ一座「文楽座」を支えるNPO団体

ホーム > 公演・イベント情報 > 【主催事業】文楽座学「茶道具でご飯は炊けるか?」

【主催事業】文楽座学「茶道具でご飯は炊けるか?」

公演日

2013年4月6日(土)

公演時間

観劇:11時~(15時45分終演予定)、講座:16時ごろ~

公演場所

国立文楽劇場(大阪・日本橋)

料金

観劇&講座=6,500円
講座のみ=1,500円

 

NPO文楽座がお届けしております学びの企画です。

いつものお芝居を、いつもとは違う視点で捉えてみることを提案します!

今回のテーマは「お茶の道具で、ご飯は炊けるものなのか?」。これを見てお分かりの方は、お芝居をよくご覧になっている方でしょう。4月の文楽公演で上演される『伽羅先代萩』の見せ場「御殿の段」で、通称「まま炊き」と言われる場面をテーマにしました。

講師は、前回の文楽座学「仮名手本忠臣蔵を食す」でもお話をくださいました佃一輝さんです。ご専門のお茶の世界の話と趣味の芝居の話をどう結び付けてのお話になりますか、お楽しみに。

お申込は、氏名、ご住所、電話番号を明記のうえ、FAXまたは郵便でお送りください。折り返し、参加証をお送りいたします。なお、観劇とセットでのお申込の方は、チラシには2月27日締切とありますが、3月1日(金)までにお申込いただければ、確実にお席を確保させていただきます。講座のみの方は、締切後でも受け付けます。

たくさんのお申込をお待ちしております。

【主催事業】文楽座学「茶道具でご飯は炊けるか?」のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面 岐阜