大阪が誇る伝統芸能 人形浄瑠璃「文楽」を受け継ぐ一座「文楽座」を支えるNPO団体

ホーム > 公演・イベント情報 > 【主催事業】文楽座学「土地の記憶・モノの記憶」~『一谷嫩軍記』を読む

【主催事業】文楽座学「土地の記憶・モノの記憶」~『一谷嫩軍記』を読む

公演日

2013年5月19日(日)

公演時間

第1部終演後(15時終演予定)
※第1部をご観劇のお客様をお待ちしますので、終演後、およそ15時15分頃に始める予定です。

公演場所

国立劇場伝統芸能情報館3Fレクチャー室

料金

1,500円

NPO文楽座がお届けする学びの企画、文楽座学。

いつものお芝居を、いつもとは違う視点で捉えてみることを提案します!

東京での文楽座学は久しぶりの開催です。講師に、早稲田大学教授の児玉竜一先生をお迎えし、『一谷嫩軍記』を題材にご講演いただきます。

基本の企画は、第1部の公演をご観劇いただき、講座に参加していただくものですが、すでに観劇とセットのお申込は締め切らせていただきました。講座のみであれば、定員(100名)までお申込受付ますので、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

なお、当日は床本をお持ちの方は、ご持参いただければ幸いです。

参加お申込みは、お名前、ご住所、お電話番号を明記の上、office@bunrakuza.com までメールでお申込ください。

【主催事業】文楽座学「土地の記憶・モノの記憶」~『一谷嫩軍記』を読むのTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面 岐阜