大阪が誇る伝統芸能 人形浄瑠璃「文楽」を受け継ぐ一座「文楽座」を支えるNPO団体

ホーム > 公演・イベント情報 > 【主催事業】文楽座学「八丁目さしておちていく」

【主催事業】文楽座学「八丁目さしておちていく」

公演日

平成25年7月27日(土)

公演時間

講座:17時から18時
観劇:18時30分~(20時30分終演予定)
懇親会:終演後

公演場所

国立文楽劇場(大阪・日本橋)

料金

講座&観劇:6,000円(受講料、観劇チケット代含む)
講座のみ:1,500円
懇親会の参加費は、お申込みいただきました方にのみご案内させていただきます。

 

NPO文楽座がお届けしております学びの企画です。

いつものお芝居を、いつもとは違う視点で捉えてみることを提案します!

今回のテーマは“八丁目さしておちていく”~「浪花百景」にみる大阪と『夏祭浪花鑑』の周辺~です。講師は大阪大学教授の橋爪節也先生。ご専門は近世・近代の日本美術史ですので、錦絵などを資料に『夏祭浪花鑑』の舞台となっている高津宮あたりのことを中心にお話しいただく予定です。お芝居と合わせてぜひ楽しみください。

お申込みは、氏名、ご住所、電話番号と「7/27文楽座学参加希望」とお書き添えの上、FAXまたは郵便でお送りください。折り返し、参加証をお送りいたします。なお、観劇とセットでのお申込の方は、日にちが迫っておりますが6月14日(金)までにお申込みください。講座のみの方は、締切後でも受付いたします。

なお、この日は第3部終演後に懇親会を予定しております。参加者は、講師の橋爪先生を始め、吉田玉女ほか、第3部の出演者を中心に予定しております。こちらも合わせてお申込みください。(別途、会費が必要です)

たくさんのご参加をお待ちしております!

【ご注意】

※観劇のみのお申込みをお受けしておりませんが、講座のみはお受けしております。

※懇親会のみのお申込みはお受けしておりません。

※観劇&講座をお申込みの際、観劇の座席指定はお受けしておりません。(ただし、前方のお席を確保しております)

【主催事業】文楽座学「八丁目さしておちていく」のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面 岐阜