大阪が誇る伝統芸能 人形浄瑠璃「文楽」を受け継ぐ一座「文楽座」を支えるNPO団体

ホーム > 公演・イベント情報 > 【主催事業】そうだ、文楽にいこう。直前レクチャー付き9月東京公演観劇会

【主催事業】そうだ、文楽にいこう。直前レクチャー付き9月東京公演観劇会

公演日

平成25年9月17日(火)
担当=鶴澤燕三

公演時間

15時~16時 レクチャー
16時30分~ 東京公演第二部観劇

公演場所

レクチャー/伝統芸能情報館3階レクチャー室
観劇/東京・国立劇場小劇場

料金

観劇&レクチャー 7,000円
レクチャーのみ 1,000円

☆そうだ、文楽に行こう。

NPO文楽座がお届けする観劇会です。比較的、文楽鑑賞歴の少ない方に、気軽にご観劇いただけるよう、観劇の直前にあらすじや聴きどころ、見どころをお話しさせていただく企画です。

大阪では毎回好評をいただいておりますが、東京では初めての開催です!

レクチャーの担当は、通し狂言『伊賀越道中双六』「唐木政右衛門屋敷の段」に出演する鶴澤燕三です。出演者ならではの観劇のポイントなどをたっぷりお話しますので、ぜひこの機会に観劇会に足をお運びください。

非賛助会員の方にもご参加いただけます!お申込お待ちしております。

 

お申込の際は、氏名、ご住所、お電話番号と「9/17レクチャー参加希望」とお書き添えの上、メールoffice@bunrakuza.com 、FAXまたは郵便にてお申込ください。折り返し参加証をお送りいたします。なお参加費は当日のお支払で結構です。

 

 

※添付チラシに記載の「レクチャー&観劇」(レクチャーと観劇チケット)のセットでのお申込は、定員に達したため締め切らせていただきました。

 

 

 

【主催事業】そうだ、文楽にいこう。直前レクチャー付き9月東京公演観劇会のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面 岐阜