大阪が誇る伝統芸能 人形浄瑠璃「文楽」を受け継ぐ一座「文楽座」を支えるNPO団体

ホーム > 公演・イベント情報 > 【主催事業】文楽座学「シェイクスピアから生まれた不破留寿之太夫」

【主催事業】文楽座学「シェイクスピアから生まれた不破留寿之太夫」

公演日

平成26年9月12日(金)

公演時間

講座=17時30分から18時30分頃まで、観劇=第三部 19時開演(20時終演予定)

公演場所

講座/伝統芸能情報館3階レクチャー室、
観劇/国立劇場小劇場(東京)

料金

5,800円(講座のみ 1,500円)

 

 

 

NPO文楽座がお届けする学びの企画、文楽座学。

いつものお芝居をいつもとは違う視点でとらえてみることを提案させていただいております。

 

9月公演の第三部で上演される新作、『不破留寿太夫(ふぁるすのたいふ)』はシェイクスピアの『ヘンリー四世』『ウィンザーの陽気な女房たち』を原作にしています。脚本を書き下ろした、河合祥一郎先生に直接レクチャーをしていただき、どんなお芝居になっているのか、お話をしていただきます。また、作曲を担当した鶴澤清治にも登場してもらい、浄瑠璃の聴きどころなどを伺いたいと思います。

開演は19時となっており、社会人の方にも気軽にご観劇いただけるようになっています。その直前のレクチャーですので、少しだけお仕事を早めに切り上げていただき、文楽座学へぜひともご参加ください。

 

お申込み多数につき、観劇とセットのお申込みは締め切っておりますが、講座のみは定員に達するまで受付いたします。

お申し込みは、お名前・ご住所・電話番号・参加日時などをお書き添えのうえ、FAX及び郵便、またはE-mail(office@bunrakuza.com)にてお送りください。

 

 

【主催事業】文楽座学「シェイクスピアから生まれた不破留寿之太夫」のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面 岐阜