大阪が誇る伝統芸能 人形浄瑠璃「文楽」を受け継ぐ一座「文楽座」を支えるNPO団体

ホーム > 公演・イベント情報 > 【主催事業】そうだ、文楽に行こう!!ワンコインで文楽

【主催事業】そうだ、文楽に行こう!!ワンコインで文楽

公演日

観劇会開催日=平成26年11月4日(火)~10日(月)
※文楽公演は11月1日(土)~24日(月)

公演時間

第1部『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』観劇希望
=10時~10時30分レクチャー、11時より観劇
第2部『奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)』観劇希望
=15時~15時30分レクチャー、16時より観劇

※お申込の際は、日にちと第1部もしくは第2部のいずれかをお選びください。

公演場所

国立文楽劇場(大阪市中央区日本橋)
http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku/access/

料金

500円

定員

各日各回 50名様

※10名以上のグループでお申込みください。

申込締切

平成26年9月30日(火)必着

*********************

この度、アーツサポート関西(公益財団法人  関西・大阪21世紀協会 )からの支援第1号として助成金をいただき「そうだ、文楽に行こう!!~ワンコインで文楽」を実施することとなりました。当法人で主催しております従来の観劇会「そうだ、文楽に行こう。」とは別枠で、参加費は500円、大学生や専門学校生を対象に開催いたします。

文楽は大阪で生まれ、大阪の庶民によって育まれた世界に誇る日本の伝統芸能です。大阪に住む、または大阪にある大学や専門学校に通う若い世代の方々にぜひ知ってもらいたい。そうした思いをきっかけに「京阪神ビルディング文楽支援寄金」が設置されました。

この事業の計画にあたり、大阪だけでなく、関西全域からお申込みいただけるように、近畿圏の大学または専門学校に通う学生の皆様を対象に募集させていただくことにいたしました。10名以上のグループでお申込みください。

企画の内容は、ご観劇と観劇直前のレクチャーです。開演前の30分で、あらすじや見どころなど観劇のポイントをお話いたします。ご希望によっては、専門的な内容でのレクチャーも可能です。

お申込みは、このサイトで申込用紙をダウンロードして、必要事項をご記入いただき、Email(office@bunrakuza.com)、FAX(06-6211-6132)、郵送(〒542-0073大阪市中央区日本橋1-5-6)、いずれかの方法でお送りください。3日以内に事務局より確認のメールかお電話をさせていただきます。(引率の教職員の方がいらっしゃる場合は、その旨、申込用紙にご記入ください)

この機会に、皆さん、ぜひ、文楽の世界に触れてみてください。

チラシのダウンロード=>チラシ

申込用紙のダウンロード=>申込用紙

【主催事業】そうだ、文楽に行こう!!ワンコインで文楽のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面 岐阜