文楽の原点、ここにあり。

What? 竹本座

竹本義太夫肖像画(大阪歴史博物館所蔵)

What? 竹本座
 1684年、竹本義太夫がこの地で興行を始めたことにより、この劇場は「竹本座」と呼ばれました。
 義太夫は、浄瑠璃作者の近松門左衛門と提携し、新しい魅力に溢れた作品を数多く上演しました。中でも、物語の最後を「未来成仏疑ひなき恋の。手本となりにけり」と結ぶ『曾根崎心中』は、空前の興行成績を収めたと伝えられます。
 近松没後も『仮名手本忠臣蔵』など現代まで上演される演目の多くがここ竹本座で初演されたことからも、人形浄瑠璃文楽の歴史が始まった場所であると言えます。

2013年3月27日

上方文化再生実行委員会

竹本座跡地

所在地:大阪市中央区道頓堀1丁目8-2


大きな地図で見る

上方文化再生実行委員会

このページのトップへ